大学院進学コース(1年制)

文系大学院への進学を完全サポート!

大学院進学に必要な日本語力、英語力等を身につけるだけでなく、研究室の選び方、教授への連絡の取り方、研究計画書の作成方法、面接指導なども含めて、指導経験豊富な講師陣が総合的に皆さんを合格まで、授業や個別対応にて徹底的にサポートします。

コースの特徴

  • (1)テーマ選びから研究計画書作成まで指導
  • (2)面接や研究発表に必要な口頭運用能力を身に付ける
  • (3)大学院に必要な日本語力・英語力が身に付く
  • (4)進学面談(個別指導)制度による万全のサポート
  • (5)完全能力別クラス編成で個々に必要な能力を育成する

ECC国際外語だからできるWサポート

ECC国際外語だからできる充実した進学指導

専門分野による手厚い個別指導

マーケティング

松原 清恵先生

学生に成功してほしいという熱意だけは誰にも負けません

授業では、問題の答えよりも、答えにたどり着く過程の習得、活用、応用に注力しています。教員による正解伝授型ではなく、学生自ら正解を導き出すことを重視し、学生が躊躇なくリスクを取ることができ、ミスができる環境を準備しながらサポートすることを心掛けています。

経 済

青木 隆明先生

留学経験を生かし、学生の立場になって丁寧に教えます

学生の理解度や要望をできるだけ汲み取り、上から目線で授業を押し付けるのではなく、1対1のコミュニケーションをとりながら授業をすすめてゆきたいと思っています。また、外国から日本に留学してきている学生にたいして、常に日本語や日本文化の壁を感じているであろうことを意識しながら授業をおこなっています。

言 語

大浦 真先生

学生それぞれの国の言語に沿った具体例をあげるように心がけています

言語学には、その前提となる理論もありますが、授業では理論だけでなく、可能な限り具体的な例も挙げるようにしています。その際、私が挙げるだけでなく、学生にも、各自知っている言語で例を挙げさせるようにしています。学生の話を聞くことによって、私の知らない言語のことを知ることができます。それを私自身の研究にもつなげていきたいと考えています。

社 会

全 炳昊先生

大学院進学以降も自信をもって進んでいけるよう授業を行っています

何気ない日常に日頃から注目することで、社会学的観点を持ってほしいと考えています。 社会学の研究対象は、大げさな学問体系や理論ではなく、私と周辺の人々との平凡な日常だと思います。これら「日常」の意味を追究していく過程こそ、社会学研究の出発点であり、社会学的な観点の礎になるでしょう。

教 育

新地 比呂志先生

「疑問は宝」いつでも質問を受け付けています

一般論を具体論に置き換えながら、学生自らが課題を見つけるようになってほしいと思っています。それこそが、仮説を提起する第1歩だからです。抽象的な専門用語を学生一人ひとりがイメージできる事実を提示しながら授業を進めるようにしています。

アカデミックスキルを学ぶ

大学院進学コースでは大学院に合格するために必要な以下のアカデミックスキルを学びます。

アカデミックスキル

  1. 論理的思考力
  2. 小論文、研究計画書、論文を書くのに必要なライティング力
  3. 先行研究の調査に必要な読解力
  4. 研究発表などの場で求められる自然な日本語の発音力
  5. 最新の時事情報を理解する新聞の読解力
  6. 最新の時事情報を理解するニュースの読解力
  7. 授業聴解力

アカデミックスキルに対応した授業

  1. 大学院ゼミ/研究計画書作成法
  2. 大学院ゼミ/研究計画書作成法/文法/小論文
  3. 大学院ゼミ/文法/研究計画書作成法
  4. 語彙・発音/会話
  5. 新聞読解/時事・発表
  6. 語彙・発音/聴解
  7. 聴解

また、選択科目として以下の A) B) どちらかのスキルを選択して学ぶことができます。

A)上級・超級話者の会話力。最新の時事問題を読み取る力および発表力
B)大学院入試に必要なTOEIC(TOEFL)対策

時間割例

 
1 9:00~9:45 I 聴解 I 専門科目 I 新聞読解 I 研究計画書
作成法
I 専門科目
2 9:45~10:30
3 10:40~11:25 I 文法 I 語彙・発音 I 語彙・発音
4 11:40~12:25 I 会話 /
英語
I 専門科目
対策
I 大学院ゼミ I 時事発表 /
英語
I 専門科目
対策
5 12:25~13:10
6・7 13:40~14:25 ※希望進路により4限目、5限目の選択授業は変わります。
※入学時の学力により学習するクラスが決まります。
※選択授業は、科目、レベルによっては、13:40以降に開講する場合もあります。
14:25~15:10
8・9 15:25~16:10
16:10~16:55

大学院進学コース年間スケジュール

4月 個人面談
情報収集、大学院募集要項入手
研究計画書
出願の準備
5月 日本語能力試験模試
大学院教授への連絡(面接)
出願書類の準備
6月 事前審査や出願
過去問題の入手
研究テーマ発表会
7月 ★日本語能力試験
専門書の読み込み
(外国人留学生のための進学説明会)
8月 学内大学進学説明会
前期試験
9月 秋入学
大学院合格  希望の大学院へ
研究テーマ発表会
10月 日本語能力試験模試
担任による個人面談
11月  
12月 ★日本語能力試験
1月  
2月 後期試験
卒業式
3月

春入学 大学院合格

希望の大学院へ進学!

科目概要

必修

科目名 概要
大学院ゼミ 研究活動に必要な技能、知識をゼミ形式で学びます。
聴解 講義やゼミを聞き取るための聴解力を養います。聴解が得意な学生には、ニュースを用いた授業で聴解力を伸ばします。
会話 面接や教授との面談、院入学後に必要な会話力を育成します。
文法 研究計画書作成に必要な論文のための文法を学びます。
語彙発音 研究計画書作成と先行研究読解に必要な語彙を学びます。学会発表を想定し、発音矯正を行います。
新聞読解 研究者として一人で研究を進められるよう、日本の新聞を読み、社会事情を収集し、考える能力を育成します。
専門科目対策 専門科目で出された課題に自育形式で取り組みます。
時事 興味関心のある時事を自ら選びとって要約し発表することで要約力、プレゼン力を養います。
研究計画書作成法 研究計画書作成法の基礎から学び、一人で書けるように学びます。

選択

  科目名 概要
専門科目 マーケティング 受講生の志望研究科や研究テーマに応じた「文系専門科目」を提供しています。「専門科目」は分野単位での授業となりますので、少人数のクラス編成となります。また、分野の基礎知識を一斉授業で受ける時間のほか、個々の研究テーマに応じた指導を受ける時間もありますので、大学院から新たな学問領域に挑戦する方もサポートしています。
経営
経済
言語
社会
教育

※時間割やカリキュラムの科目・内容などは、一部訂正・追加・変更される場合があります。
※専門科目は、2019年度開講例です。
※科目・レベルによっては上記時間割の該当時間外に受講することがあります。

お問い合わせはこちら

〒530-0015
大阪府大阪市北区中崎西1-5-11

Tel: 0120-644-882 (通話無料)
FAX:06-6372-1544

WEBからのお申し込みはこちら

  • 資料請求
  • 説明会一覧
  • 合格実績
  • Instagram
  • Channel ECC MOVIE
  • 新浪微博
  • ECC学校法人 山口学園 外国人留学生 入学案内
  • ECC国際外語専門学校 日本語学科

お問い合わせはこちら

〒530-0015
大阪府大阪市北区中崎西1-5-11

Tel: 0120-644-882 (通話無料)
FAX:06-6372-1544

WEBからのお申し込みはこちら

このページの先頭へ
Copyright © Yamaguchi Gakuen. All Rights Reserved.