NEWS

2019/12/02(月) NEWS

合格!「立命館大学大学院」

大学院進学コースに在籍する留学生が、立命館大学大学院に合格しました!

――――――――――――
■氏 名:馬朋艶さん
■出 身:中国
■ECC入学:2019年4月
■合格した学校名:立命館大学大学院 経営管理研究科
■研究テーマ:中国のアパレルブランドを構築する方法の研究
■JLPT:N1
――――――――――――
Q.合格した大学院を受験した理由と、研究テーマを選んだ理由は何ですか?
 私は将来、自分のアパレルブランドを作りたいと考えています。しかし現在の中国では、人気があるアパレルブランドはほとんどが外国のブランドです。中国でアパレルブランドを構築するためには、ユニクロが中国で成功した原因、経営方針、市場戦略などを知ることが近道と考えました。立命館大学は著名経営者によるリレー講義:戦略経営の実戦という講座があります。各界を代表する経営者の実戦経営の経験が聴講できれば、中国の国産アパレルブランドの効果的な構築方法を提言することに役に立つという考え、立命館大学を受験しました。

Q.受験勉強の様子を教えてください。
試験は書類審査、筆記試験と面接です。書類審査は多くのことを書かなければならない。最初は中国の書き方に沿って書きましたが、最初は先生に厳しく言われました。それから良い書類を書くために先輩のアドバイスを聞きたり、インターネットで書き方を調べたり多くの例文を読みました。最終、先生に認めていただいた文章がようやく完成しました。
筆記試験について、松原先生がまとめた「マーケティング専門の基礎知識」を2回暗記しました。また、小論文の書き方と構成をよく訓練しました。一方、面接に対して、山田先生の指導を受け何度も練習しました。

Q.受験勉強の中で成長できたことを教えてください。
 日本の書類の書き方が成長しました。

Q.ECCに入学した理由を教えてください。
 私はECCに入学した理由が三つあります。まず、ECCには大学院入学ための専門の授業があります。次に、ホームページでECCの大学院合格率が高いということが知りました。そして最後はECCの授業の厳しさです。

Q.印象に残っている授業を教えてください。
 「小論文の書き方」と専門授業の「過去問題の解く」授業です。立命館大学の筆記試験の時、小論文の書き方をしっかり学んでいたので、落ち着いて書くことができました。また、今回の筆記試験の問題は松原先生が教えてくださった解き方非常に役立ちました。

Q.ECCの学校生活で印象に残っている出来事はありますか?
 校外学習でクラスメイトと忍者体験ができたことです。すごく楽しかったです。

Q.将来の夢を教えてください。
 私は将来、中国の国産アパレルブランドを立ち上げたいです。

Q.日本の大学院進学を考えている留学生にメッセージをお願いいたします
 留学生の皆様、自分の夢を実現するように努力しましょう!
 努力去实现自己的梦想吧!加油!

お問い合わせはこちら

〒530-0015
大阪府大阪市北区中崎西1-5-11

Tel: 0120-644-882 (通話無料)
FAX:06-6372-1544

WEBからのお申し込みはこちら

このページの先頭へ
Copyright © Yamaguchi Gakuen. All Rights Reserved.