NEWS

2019/01/29(火) NEWS

【合格】関西大学文学部

吴 婧璇(中国)
関西大学留学生別科出身

私の夢は臨床心理士になって、学校などでスクールカウンセラーとして働くことです。きっかけは私が中学生の頃になりますが、親戚がいじめを受けて小学校に行けなくなった時期がありました。そのときスクールカウンセラーの先生のお世話になり、親戚は元気になりました。その時から、私も心理学を学び、悩んでいる子供を助けたいと考えているようになりました。

日本に留学したのも心理学が勉強したかったからです。中国にも心理学の学べる大学はありますが、私のいる江蘇省では競争がとても激しいです。けれども何より一番の理由は、中国の大学は知識ばかりで実践の機会は少ないからです。また中国ではスクールカウンセラーという仕事もあまり普遍的ではありません。中国では子供への教育は熱心ですが、子供の心の問題はあまり重要視されていません。親も学校の先生も、子供は悩みなど持たないとすら考えています。勉強や進学のストレスがどんなに大きくても、子供が相談できる場所はとても少ないのが現状です。だから私は日本で心理学を学ぶことを希望し、そのために留学をしました。

関西大学を選んだのは、ECCに来る前にこの学校の別科で日本語を習っていて親しみがあったということがありますが、関西大学では心理学の専門的な知識だけではなく、教育や多文化共生などスクールカウンセラーに必要と思われる講義が選択履修できるという魅力があったからです。難関大学なので、日本語も一生懸命勉強しました。そのおかげで、去年に比べて留学試験の結果が40点あがりましたし、苦手だった聴解は60点あがりました。

心理学部に興味を持っている人、受験したい人へひと言アドバイスをするならば、心理学はとても幅が広い学問ですので、自分が関心のある分野をしっかりを調べておくことが大切です。それをせずに心理学に入ってしまうと、自分の思っていた内容とちがうと、がっかりすることになるかもしれません。

これから、臨床心理士になるためには大学院にも進まなければなりませんが、夢の実現のために頑張りたいです!


吴 婧璇さん、合格おめでとうございます!!

お問い合わせはこちら

〒530-0015
大阪府大阪市北区中崎西1-5-11

Tel: 0120-644-882 (通話無料)
FAX:06-6372-1544

WEBからのお申し込みはこちら

このページの先頭へ
Copyright © Yamaguchi Gakuen. All Rights Reserved.