NEWS

2019/01/30(水) NEWS

【合格】下関市立大学経済学部

曹 冬冬(中国)
和歌山外国語専門学校出身

下関市立大学はそこに通っている中国の友人を通じて知ったのですが、調べてみるととてもよい学校で、私にとっての第一志望校となりました。去年まだ和歌山の語学学校で勉強していた時から、すでにこの学校に入ることは私の目標でした。「下関」と書いた紙を机の横に置いて、勉強に疲れた時にはその紙を見てやる気を奮い立たせていました。けれど、去年は落ちてしまいました。

今年こそは合格するぞ!と思い、ECCで頑張って勉強しました。進学説明会に参加した時、この大学の方が説明に来られていて相談しました。去年受験して落ちてしまったことを話すと、諦めないで今年も必ず受けてくださいと言われました。そして、経済学の専門書、特に新書を多く読みなさいとアドバイスをしてくださいました。実は経済学は私の専門ではありません。私は中国では理系の勉強をしており、学校卒業後は電気会社に就職して三年働いた経験があります。経済学を学びたくなったきっかけは、職場で配属が変わり、電気の現場から営業に変わったことです。仕事で売り上げや利益などを扱うことが多くなったことから経済に興味が沸き、勉強したいと思うようになったのです。

進学説明会でアドバイスをいただいたことを実践するよう努力しましたが、それは筆記試験や面接で実際に役にたったように思います。経済学のことを常に頭のなかで考えていると、たとえ面接で全く準備していないことを質問されても、経済学と結び付けて話題を自分の話しやすい方向に向けることでき、うまく応答ができることにも気づきました。そして今年はとうとう合格を勝ち取ることができました。

私は今回の受験を通じて、人との約束を守ることの大切さを強く感じています。なぜなら今回受験先を考える時、大阪から九州まで行くのは遠くてお金も時間もかかるし、受けてもまた落ちるかもしれないことから、下関市立大学を受験しようかどうか迷ったのです。けれど、今年も諦めずに受けてくださいという説明会のときの言葉を思い出し、自分でも悔いを残したくなかったので、迷いに迷った結果、やはり受けることにしたのです。あのときの約束を守って本当によかったと思っています。

曹 冬冬さん、合格おめでとうございます!!

お問い合わせはこちら

〒530-0015
大阪府大阪市北区中崎西1-5-11

Tel: 0120-644-882 (通話無料)
FAX:06-6372-1544

WEBからのお申し込みはこちら

このページの先頭へ
Copyright © Yamaguchi Gakuen. All Rights Reserved.